【書籍】「すごい自己紹介」から学んだこと

スキルアップ

社会人になればだれでも直面する自己紹介シーン。
新年度も始まり特にタイムリーな話題ですね。
苦手意識を持っている方も非常に多いと思います。
わたし自身も大の苦手だったのでタイトルに惹かれてこの書籍を手に取ってみました。

自己紹介とは?

1.じぶんを紹介するものではなく未来を紹介するもの

相手に対してじぶんはどんな未来を提供できるのだろう?
それを紹介するのが自己紹介。
すべての人には必ずその人独自の強みがあります。
じぶんの強みを知りそれを社会に活かすことがその人の役割。
それを活かして社会貢献しましょう。

2.相手の話を真剣に聴く

自己紹介というと自分のことばかりに意識が向かいがちです。
けれど、人間は自分の話を聴いてくれる人の話を聴きたいと思うもの。
自分の話を聴いてほしければまずは相手のバックグラウンドを想像しながら真剣に聞くようにしましょう。

3.フレームづくりが重要

内容が整理され伝わりやすい自己紹介となります。
フレームがないと話がぶれてしまい、伝えたいことが伝わらない悲しい自己紹介になります。
伝えたいことがキチンと伝わるフレーム作りは重要なポイントですね。

心に響いたことば

じぶんは大きな自然の一部で生かされているだけ

生きている人間にムダな人などいない

すべての人には生まれてきた役割が必ずある

誰もがじぶんの人生の経営者であり、人生を黒字経営するためにじぶんの強みを買ってもらうことが必要

積み上げてきたすべての経験が価値であり唯一無二の財産

他人と比較するのをやめてじぶんを好きになることから始めよう

                                       「すごい自己紹介」本文より抜粋

読み終えて・・・

目からウロコが落ちました!
自己紹介が自己紹介にとどまらずこんなに深くじぶんと向き合うことになるとは予想外です。
今まで考えてこなかった事が盛りだくさんでどこから手を付けていいのか途方に暮れてしまいますが、
思いを言語化ししっかりと伝えることができるよう習慣化していきます。

興味のある方、ぜひ一度読んでみてください!
新しいじぶんに出会えるかもしれません。

マイン
マイン

周囲の人が10年後も笑顔で幸せに満ちた毎日を送るため

仕事を通じて社会に貢献していくマインです。

よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました